未分類

#5-Cinema4Dのカメラ基本操作

 

ドリー_ズーム_タンブル

 

カメラ用語

カメラに関する操作はビューポートの右上で行います。

4つボタンが並んでますけども、ボタンの絵柄を見ればなんとなくイメージがわくかもしれません。

左からドリー、ズーム、タンブルとなっています。

ドリー:カメラが縦横に移動

ズーム:カメラが前後に移動

タンブル:カメラが視点を中心に回転

 

ドリー

実際にやってみた方が早いので、まずはオブジェクトをひとつ作成しましょう。

マウスカーソルをドリーのボタンの上にもっていって、上下左右にドラッグします。

するとビューポートの見え方が対応して上下左右に変わりますよね。

 

ズーム

ズームのボタンの上でマウスを上下にドラッグします。

そしたらビューポートの見え方が、オブジェクトに寄ったり引いたりしてると思います。

 

タンブル

タンブルのボタンの上でマウスを上下左右にドラッグすると回転します。

ドリーとズームとタンブルを使って、いろんな角度からオブジェクトを観察して作りこんでいく感じになると思います。

 

ドリー_ズーム_タンブル まとめ

 

・カメラに関する操作はビューポートの右上で行う

4つボタンが並んでおり、左からドリー、ズーム、タンブル

 

・ドリー:カメラが縦横に移動

 

・ズーム:カメラが前後に移動

 

・タンブル:カメラが視点を中心に回転

 

カメラ操作のショートカット

 

ドリー:キーボードの1

ズーム:キーボードの2

タンブル:キーボードの3

 

1を押しながらドラッグするとドリーの動き。

2を押しながらドラッグするとズームの動き。

3を押しながらドラッグするとタンブルの動き。

 

例えばオブジェクトの位置をビューポートの中心から移動させたとします。

ビューポートの中心軸を起点にタンブル操作のショートカットをするか、オブジェクトを起点にタンブル操作のショートカットをするかで、カメラの回転の仕方が変わります。

ビューポートの中心を軸に回転するか、オブジェクトを軸に回転するか、自分の意図でコントロールできます。

 

カメラ操作のショートカット まとめ

 

・ドリー:キーボードの1

 

・ズーム:キーボードの2

 

・タンブル:キーボードの3

 

・タンブルのショートカット(キーボードの3)

ビューポートの中心軸を起点とするか、オブジェクトを起点とするかでカメラの回転が変わる

 

カメラ操作の取り消し

カメラ操作の取り消しはよく使うのでぜひ覚えてください。

 

カメラ操作の取り消し(アンドゥ(Undo))ショートカット

Windows:Shift+Ctrl+Z

Mac:Shift+cmnd+Z

 

カメラ操作の取り消しの取り消し(リドゥ(Redo))ショートカット

Windows:Shift+Ctrl+Y

Mac:Shift+cmnd+Y

 

通常の取り消し(ztrl+Z)とカメラ操作の取り消しは別物だと考えてください。

恐らくメモリで記憶してる場所が違うんだと思いますけど。

例えばカメラの位置を変えて、そのあとにオブジェクトを何回か動かします。

そこでカメラ操作の取り消しをすると、オブジェクトはそのままの位置でカメラの操作だけが取り消されます。

 

カメラ操作の取り消し まとめ

・カメラ操作の取り消し(アンドゥ(Undo))ショートカット

Win:Shift+Ctrl+Z Mac:Shift+cmnd+Z

 

・カメラ操作の取り消しの取り消し(リドゥ(Redo))ショートカット

Win:Shift+Ctrl+Y Mac:Shift+cmnd+Y

 

・通常の取り消し(ztrl+Z)とカメラ操作の取り消しは別物

恐らくメモリで記憶してる場所が違う

 

・カメラの位置を変えてたあとにオブジェクトを何回か動かす

そこでカメラ操作の取り消しをするとオブジェクトはそのままの位置で、カメラの操作だけが取り消される

 

・通常操作取消「Ctrl(Cmnd)+Z」カメラ操作取消「Shift+Ctrl(Cmnd)+Z」

通常操作取消の取消「Ctrl(Cmnd)+Y」カメラ操作取消の取消「Shift+Ctrl(Cmnd)+Y」

 

ビューの初期表示と全体表示

 

初期の表示

ビューポートの左上にある「ビュー」から「初期の表示」を選択。

間違ってビューを動かすこともあると思うので、そのときは「ビュー」から「初期の表示」を選択してください。

 

全体の表示

また、オブジェクトをたくさん作ったときに全てを表示できるようにする機能があります。

まずはオブジェクトを複製しながら位置を移動させましょう。

移動ツールをもって、ctrl(cmnd)を押しながら移動すると複製されます。

オブジェクトマネージャを見るとオブジェクトが増えているのが確認できます。

そして、ビューポートの左上にある「ビュー」から「全体を表示」を選択すれば、一発ですべてのオブジェクトがビューポートに表示されます。

 

ビューの初期表示と全体表示 まとめ

 

・初期の表示に戻したいとき

ビューポートの左上にある「ビュー」から「初期の表示」を選択

 

・移動ツールをもってctrl(cmnd)を押しながら移動すると複製される

オブジェクトマネージャを見るとオブジェクトが増えているのが確認できる

 

・一発ですべてのオブジェクトをビューポートに表示したい

ビューポートの左上にある「ビュー」から「全体を表示」を選択

 

画面分割

ビューポート右上に4つのアイコンが並んでます。

一番右のがビューポートを分割していろんな視点からオブジェクトを観察できるようになります。

実際にクリックしてみると4画面に分割されました。

それぞれの画面の左上に上面とか、右面、前面とかいてあります。

各画面でオブジェクトを動かすと、当然ですが全て連動して動きます。

1画面にしたいときは、各画面の分割のアイコンをクリックします。

 

画面分割 まとめ

・ビューポート右上に4つのアイコン一番右のがビューポートを分割のボタン

いろんな視点からオブジェクトを観察できるようになる

 

・各画面でオブジェクトを動かすと連動して他の画面でも動く

 

・1画面にしたいときは、各画面の分割のアイコンをクリック

 

復習問題

このセクションでの復習問題です。

 

カメラ操作の取り消しの取り消し(リドゥ(Redo))のショートカットは?

 

Win:Shift+Ctrl+Z

Mac:Shift+cmnd+Z

カメラ操作の取り消し(アンドゥ(Undo))のショートカットです。

 

Win:Ctrl+Z

Mac:Cmnd+Z

通常の操作の取り消しです。

 

Win:Shift+Ctrl+Y

Mac:Shift+cmnd+Y

ちなみに通常の操作のリドゥ(Redo)はctrl(cmnd)+Yです。

 

↓正解

 

Win:Shift+Ctrl+Y

Mac:Shift+cmnd+Y

-未分類

Copyright© Cinema4D成長記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.