C4D

#4-Cinema4Dのオブジェクト操作

 

オブジェクトの移動

メニュー下のアイコン

・メニュー下のアイコン群の中の左側、ここでオブジェクトを選択したり移動したりといった操作を行います。

・その横がオブジェクトの軸に関するグループ。

・その横がレンダリングに関するグループ。

・一番右にあるのがオブジェクトを作成するアイコンたちです。

 

操作から見ていきますが、最初に立方体をひとつ作成しておきましょう。

立方体のアイコンの上で軽くクリックすれば立方体が出てきます。

オブジェクトは中心に作成されます。

もし場所を移動させたい場合は、中心から移動させる感じになります。

 

操作

 

・一番左のアイコンがオブジェクトを選択するツール

・十字の矢印がオブジェクトを移動するツール

・その横の正方形がスケールするツール

・矢印で円を作ってるのが回転するツールになります。

 

オブジェクトマネージャの立方体をクリックで選択して、移動ツールをクリックします。

選択した立方体に、赤、緑、青の矢印が出てきました。

ビューの左下にもX,Y,Zの色のついた軸が出てきてると思います。

赤がX、緑がY、奥行きがZとなっています。

 

移動ツールを持ったまま、オブジェクトの赤いX軸の矢印を動かします。

左クリックで軸をつかんで、ドラッグで移動させます。

X軸に沿ってオブジェクトが動いたと思います。

Y方向に動かすときも、Z方向に動かすときも同じやり方です。

 

移動の際の注意

 

オブジェクトのXYZの矢印それぞれに小さい正方形がついてます。

正方形の部分をドラッグするとオブジェクトのサイズが変わってしまうので、移動するときは矢印の先の軸か三角の部分をドラッグするようにしてください。

 

あと、オブジェクトの移動は移動ツールじゃなくて、選択ツールを持ってる状態でも大丈夫です。

選択ツールで同じようにオブジェクトのそれぞれの方向の軸をもって動かすだけです。

 

オブジェクトの移動 まとめ

 

・移動ツールを持ちオブジェクトの赤いX軸の矢印をドラッグで移動

X軸に沿ってオブジェクトが動く(YとZ方向も同様)

 

・オブジェクトのXYZの矢印それぞれに小さい正方形がついている

正方形の部分をドラッグするとオブジェクトのサイズが変わる

 

・オブジェクトの移動は移動ツールじゃなくて、選択ツールを持ってる状態でも可能

オブジェクトのそれぞれの方向の軸をもって動かす

 

オブジェクトを初期状態にする

 

まずは選択ツールと移動ツールの違いを簡単に。

 

移動ツール:オブジェクトの矢印以外の部分をドラッグすると自由に動かせる

選択ツール:オブジェクトの矢印部分をドラッグすることでのみ動かせる

移動ツール、選択ツールでオブジェクト以外のビューをクリックするとオブジェクトの選択が解除されます。

 

移動したオブジェクトを中心の位置に戻す

 

移動したオブジェクトを中心の位置に戻す。

オブジェクトを選択して、座標マネージャを確認します。

位置の項目のXYZの数値が、現在のオブジェクトがある場所を表しています。

XYZの数値を0にして適用をクリックするかエンターキーを押してください。

するとオブジェクトが初期の位置に移動します。

 

 

もっと早い方法は、PSRをリセットというアイコンをクリックします。

ポジション、スケール、ローテートだと思うんですが、要するに属性マネージャの位置、スケール、角度を初期地に戻します。

 

オブジェクトを初期状態にする まとめ

 

・移動ツール:オブジェクトの矢印以外の部分をドラッグすると自由に動かせる

選択ツール:オブジェクトの矢印部分をドラッグすることでのみ動かせる

 

・移動したオブジェクトを中心の位置に戻す

座標マネージャの位置XYZの数値を0にして適用

 

・移動したオブジェクトを中心の位置に戻す方法として

PSRをリセットというアイコンをクリックしてもOK

 

スケールツール

スケールツールを選びます。

オブジェクトの矢印が四角に変わりました。

方向軸の先が四角になっていたらスケールツールを持っている状態ということです。

ビューポートのどこでもいいのでドラッグすると、比率を保ったままサイズが変わります。

どの軸をつかんでドラッグしても、比率を保ったまま全体的に大きくなったり小さくなったりします。

 

Ctrl(Cmnd)押しながらドラッグすると複製されます(オブジェクトマネージャで確認)。

Ctrl(Cmand)+Zを押すほど操作を戻れます。

 

その方向だけ拡大縮小したい場合は、軸の先についてる小さい四角をもってドラッグすると、その方向のサイズだけが変化してると思います。

もしくはオブジェクトを選択した状態で、(座標マネージャでなく)属性マネージャの「オブジェクト」タブのサイズXYZを見ていただくと、数値の変化が確認できます。数値の横に上下の三角があるので、これを上下にドラッグするとサイズが変わります。

 

一旦オブジェクトを作り直します。

座標マネージャのサイズでXYZどれかの数値を変えて適用ボタンをクリックすると、スケールツールで全体が比率を保って拡大縮小されるように、XYZ全部の数値も変わってしまいます。

なので一方向にだけサイズを変更したい場合は、小さい正方形をドラッグするか、属性マネージャのオブジェクトタブのサイズを変更して調整してください。

 

スケールツール まとめ

 

・スケールツールを持つと方向軸の先が四角になる

 

・ビューポート上でドラッグすると比率を保ったままサイズが変わる

どの軸をつかんでドラッグしても、比率を保ったままサイズが変わる

 

・その方向にだけ拡大縮小したい場合は

軸の先についてる小さい四角をもってドラッグする

 

・もしくはオブジェクトを選択した状態で(座標マネージャでなく)

属性マネージャの「オブジェクト」タブのサイズXYZを調整

 

回転ツール

 

 

オブジェクト操作の最後に回転ツールを見ていきます。

回転ツールを持つと、赤緑青の軸が球体になって出てきたと思います。

ビューポートもしくはオブジェクトの上でドラッグすると、オブジェクトが回転します。

座標マネージャの角度を見てみると、XYZじゃなくてHPBになってます。

 

HPB(Heading, Pitch, Bank)はオイラー角とよばれるものです。

オイラー角はレオンハルト・オイラーっていう数学者によって考案されたもので、詳しくは僕も説明できないんですけど。

オイラー角での三次元回転は、正確な回転のアニメーションを実現するためにやってます。

 

とりあえず軸というか帯をつかんで、ドラッグで動かすと回転します。

緑はヘディング、赤はピッチ、青はバンクに対応してます。

1方向に回転させるとオブジェクトの近くに角度が表示されるのでそちらで参考にしてください。

Shiftを押しながら回転させると5度ずつ動きます。

 

回転ツール まとめ

 

・回転ツールを持つと赤緑青の軸が球体になって出てくる

ビューポートもしくはオブジェクトの上でドラッグするとオブジェクトが回転

 

・座標マネージャの角度を見てみるとXYZじゃなくてHPB

HPB(Heading, Pitch, Bank)はオイラー角

 

・帯をつかんでドラッグで動かすと回転する

緑はヘディング、赤はピッチ、青はバンクに対応

 

ツール切り替えのショートカット

いま回転ツールを持ってると思うんですけど、spaceキーを押すと選択ツールに切り替わります。

もう一度spaceキーを押すと回転ツールに切り替わりました。

 

ではマウスでスケールツールを持ってみましょう。

スペースを押す→選択ツールに

スペースを押す→スケールツールに

 

要するにspaceキーで、選択ツールとその前に使ってたツールに素早く切り替えられるということです。

 

最近使用したツールはPSRをリセットアイコンの横に表示されてます。

アイコンを長押しで展開して、その中からツールを呼び出してもいいです。

 

ツール切り替えのショートカット まとめ

 

・回転ツール→space→選択ツール→space→回転ツール

 

・スケールツール→space→選択ツール→space→スケールツール

 

・spaceキーで選択ツールとその前に使ってたツールに素早く切り替えられる

 

・最近使用したツールはPSRをリセットアイコンの横に表示されている

アイコンを長押しで展開して、その中からツールを呼び出してもいい

 

ワールド座標

 

オブジェクトに角度がついてる状態で、選択ツールをもって移動させてみましょう。

軸が斜めの方を向いてると思うんですけど、当然オブジェクトも斜めに移動します。

でも回転させたオブジェクトを真上に移動させたいときもありますよね。

Cinema4Dにはオブジェクトが持ってる「オブジェクト座標」とシーン自体が持ってる「ワールド座標」があります。

 

軸に関するアイコンは操作系のアイコンの横にまとめられてます。

各軸をロックできるコマンドと、ワールド座標とオブジェクト座標を切り替えることできるコマンドがあります。

 

まずは座標系のアイコンをクリックして座標を切り替えてみましょう。

アイコンが四角い立方体から地球儀のマークに変わりました

それと同時にオブジェクトの中心から伸びてる軸がワールド軸になってると思います。

この状態で軸をもってドラッグで移動させると、オブジェクトの角度を保ったままXYZの方向に動かすことができます。

 

もう一度オブジェクト座標に切り替えると、オブジェクトの中心から伸びてる軸の方向がオブジェクトに沿ったものに変わりましたよね。

いちいちアイコンからの操作は面倒なので、ショートカットWで覚えておきましょう。

ワールド座標のWと思っておけばよいかと。

 

ワールド座標 まとめ

 

・オブジェクトに角度がついてる状態で選択ツールをもって移動させる

軸が斜めを向いてるので当然オブジェクトも斜めに移動する

 

・回転させたオブジェクトを真上に移動させたいとき

→ワールド座標

 

・座標系のアイコンをクリックして座標を切り替える

アイコンが立方体から地球儀のマーク(ワールド座標)に変わる

 

ロック

次にロックをやってみましょう。

ツールごとにロックをかけられるんですけど、例えば移動ツールを持ちます。

X軸だけ選択して、YとZをロックします。(チェックを外すとロックされます)

そしてオブジェクトを選択して、ビューポートでドラッグするとX軸にしか動かせなくなります。

回転ツールの場合も同様で、Y軸だけを選択して、XとZをロックします。

そしてオブジェクトを選択して、ビューポートでドラッグするとY軸にしか動かせなくなります。

 

ロック まとめ

 

・X軸だけ選択してYとZをロック(チェックを外すとロックされる)

オブジェクトを選択してビューポートでドラッグするとX軸にしか動かせない

 

・回転ツールの場合も同様にロック可能

Y軸だけを選択してXとZをロック状態にするとY軸(Heading)しか動かせない

 

復習問題

このセクションでの復習問題です。

 

ワールド座標とオブジェクト座標を切り替えるコマンドのショートカットは?

 

W

座標系を切り替えるときのショートカット。

 

R

回転ツールのショートカット。

 

space

spaceキーで、選択ツールとその前に使ってたツールに素早く切り替えられます。

 

↓正解

W

-C4D

Copyright© Cinema4D成長記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.